2020年冬。一時帰国のつぶやき



ようこそ、CAFE Bolita へ

Bolita(ぼりーた)です。
令和になる直前に会社を退職し
「スペイン留学+世界一周の旅」をスタートさせた40代女性です。

*人生に無駄なことは何もない
*学びはいつ始めても遅くない
*何かを手放すと新しいことがはいってくる

人生は実験。だから思い切って一歩踏み出してみよう。
そんな思いで留学と旅先から発信していきます。

→ 自己紹介は コチラ

ーーーーー

8ヶ月の旅と留学を終え、クリスマス前に日本に帰国しました。

年末年始は実家に帰り、年明けから東京に滞在しています。やっぱり日本は安心します。

日々、古くからの友人たちや、去年出会ったばかりの友達たちまで、沢山の人たちと会い、近況報告をしています。

「旅で変わったことは?」「8ヶ月で人生観は変わった?」という質問をもらうことがよくあります。

その答えとしては、「びっくりするくらい何も変わってない」です。

・新しい出会いがあり、友達の輪が広がった

・旧友達と再会できた

・スペイン語が少しだけわかるようになった

・トラブルに強くなった

・前よりポートレート撮影の経験を積めた

振り返ると、少しずつバージョンアップしている部分はあります、たしかに。

でも、決定的に人生観が変わることはない。自分の感受性が鈍いのかなぁ。わからないけど。

旅の後半戦が1/23から始まります。遅くとも今年の9月には日本に本格帰国の予定。あと8ヶ月。

秋の自分に「人生観変わった?」と同じ質問をしたとしたら、さてどんな風に答えるのでしょうか。今からとても楽しみ。例え変わっても変わらなくても、「旅をして良かったなぁ」と思うであろうと確信しています。

最後に。旅をしてわかったことは、「帰る場所」があるからこそ旅は楽しい。

追伸:旅を通し、自分の好きなこと/苦手なことがだんだんわかってきました。それを知れただけで、今後生きやすくなるはず。自分で自分を幸せにするための虎の巻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA