【前編】8年ぶりの再会 in モロッコ

写真:マラケシュの「メナラ空港」モダンでお洒落な外観。

ようこそ、CAFE Bolita へ

Bolita(ぼりーた)です。
令和になる直前に会社を退職し
「スペイン留学+世界一周の旅」をスタートさせた40代女性です。

*人生に無駄なことは何もない
*学びはいつ始めても遅くない
*何かを手放すと新しいことがはいってくる

人生は実験。だから思い切って一歩踏み出してみよう。
そんな思いで留学と旅先から発信していきます。

→ 自己紹介は コチラ

ーーーーー

日本の皆さん、こんにちは。
お盆が過ぎ、そろそろ秋を迎える心境になるころでしょうか。

こちらカディスは相変わらず「涼しい夏」です。日の入りの時間が少しずつ早まっていること以外は、秋の気配を感じないスペイン。

さて、日本がお盆真っ最中だった8月13日から2日間学校をさぼり、マラケシュの友人に会いに行ってきました。現地では3泊のみ。

カディスから1日半かけて移動した長旅でした。地図でみたら近いんだけどなぁ。
1日で移動できなくもなかったのですが、深夜に未知の街につくのを避けたく、1日半かけました。

①カディス → タリファ
バスで1時間半。ジブラルタル海峡に面した街タリファに移動。学校が終わった午後にバスに乗り、タリファで1泊。ここで無理にモロッコに行っていたら到着は深夜0時ごろです。
人の家にお世話になるのに、深夜に押しかけたくはありません。因みにタリファはエキゾチックでお洒落な海辺の街。ここだけを目的地に来たこともあります。おススメです。すこ~しヒッピーの風味がする街。

omioというサイトからバスチケットを予約。ただし、窓口で買ったほうが安いです。席が埋まるのやだ!というリスク回避のため、割高でもネットから予約した次第。

②タリファ(スペイン) → タンジェ(モロッコ)
フェリーで1時間ほど。たった1時間で海を渡り、アフリカに着くんです。なんか不思議じゃないですか?

ダイレクトフェリーズという、世界のフェリーチケットを予約できるサイトで予約。日本語で予約可能。予定の変更もマイページからできました。(2日ほど変更完了まで待ちましたが) 補足として、タリファ→タンジェ間の実際のチケットはオープンチケットだったので、日時の変更手続きは不要だったよ、と現地の窓口の担当者から聞きました。他の街は違うかもしれないので、ご利用になる方は変更があればウェブで事前手続きをされることをお勧めします。何かと不安なものだと思うので。

③タンジェ港 → タンジェ空港
これはバスで行くとかなりお安いらしいのですが、バス停から空港まで20分ほど歩くとどなたかのブログでみて辞めました。おとなしくタクシーで行くことに。時間にして20分ほど。外国人料金なので、10€・または100dh(ディルハム)。約1300円くらい。他の運転手にあたっても同じといわれたので相場なのでしょう。

⓸タンジェ港→マラケシュ空港
飛行機ですが、国内線なので1時間前に空港到着すれば良いかと思ったものの、ゆとりをもって2時間半前に空港に到着。荷物のチェックインだけ済ませ、お茶。のんびり飛行機を待ちました。
って20分ほど飛行機は遅延。エアアラビア。

※余談:空港会社の愚痴。
エアアラビアのチェックインカウンターの担当者はいい加減・・・。行き返りで説明が逆でした。「荷物の預け入れはできないから機内に持ち込んでくれ。預けたいなら追加料金20€」と言われたり、逆に「そのスーツケース(機内持ち込みOKのサイズ)はサイズが大きいから預け入れマスト」と言われたり・・・どっちやねん。

そんなこんなのバス、フェリー、タクシー、飛行機の移動でマラケシュ空港に到着しました。なんか移動手段だけで長くなってしまったので、今日はここまでとします。

空港から友人宅までは車で20分ほど。空港まで旦那さんが迎えに来てくれて、とっても助かりました。友人と家族と会えて、楽しい3泊だったことだけ先にご報告。続きは次回に!

写真:友人の旦那さん。「ようこそモロッコへ!」ほっとするお出迎えに感謝。

続きは中編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA