カディス11日目。遠足に行きました!

写真:遠足で行った町からの眺め

ようこそ、CAFE Bolita へ

Bolita(ぼりーた)です。
令和になる直前に会社を退職し
「スペイン留学+世界一周の旅」をスタートさせた40代女性です。

*人生に無駄なことは何もない
*学びはいつ始めても遅くない
*何かを手放すと新しいことがはいってくる

人生は実験。だから思い切って一歩踏み出してみよう。
そんな思いで留学と旅先から発信していきます。

→ 自己紹介は コチラ

ーーーーー

学校が始まってやっと1週間が終わりました。頭がへとへとです。

そしてベッドで寝違えて腰が痛いです…イタタ。今日は歩き方がばあさんじゃ。
(いま、このブログを近所のカフェで書いてるんですが、アパートの隣の部屋のご近所さんがやってきて話しかけてくれました。ローカルになった気持ち!ほっこり)

本題です。
土曜日は学校の初遠足に行ってきました!

ドキドキしながら朝10時に学校で集合。チャーターされたバスに乗り込み、目的地に向かいます。

今日の参加者は15名ほど。
クラスメイトは2名と、引率の先生一人。あとは、アメリカのコネチカット州の大学から短期留学に来ている学生さん一行 + 教授が2名。

カディスはスペインの最南端といえるほど、南の街。ちっさいちっさい半島が突き出ていて、そこから本土に橋が2つかかっています。
地図で目的地を見ると、その橋を渡り、間もなくのところが今日の目的地。「Medina sidonia」と「Vejer de la frontera」です。
村といったほうが良いような規模。
(ただし、牧歌的な農園がひろがるような”村”ではない)

双方の町は、バスで30分ほどと近い。
実は2つの町は似ており、あとで写真を見返しても、どっちがどっちだか混乱するほど…とか言ったらスペインの人に怒られそうですけど。

共通点は、

・小高い丘の上にある
・家々が白壁
・色鮮やかな花が咲いている
・教会がある
・ローマ人の遺跡がある

ってこと。

風光明媚な景色を見ながら、クラスメイト以外の人たちともお喋りでき充実した時間でした。
ただ、スペイン語が出来な過ぎて、私は終始、英語で話しかけ、きっと彼らには勉強にならない相手だなぁと思わせたろうな。まぁいまは仕方ない。

他には、散策したり、ランチやアイスクリームを食べたり、一人行動してカフェでポストカードを書いたり。
特に写真はあとでみんなに共有して喜んでもらおう!と思って、まんべんなくみんなの写真を撮りました。

撮った写真をクラスメイトのマリーに共有。マリーがそれを引率の先生、ヘススに見せると、「え?この写真君が撮ったの!すごいじゃん!あとで共有して!」とすごく喜んでもらえて、、、良かった😊

写真を以下にご紹介しまーす。

 

Vejer de la frontera。白壁が可憐〜

ブーゲンビリアと白壁が合う

この方、学校のイベント担当の責任者のヘスス。自分の名前と同じストリートの前でポーズ。

クラスメイトのマリーとカロリン。ドイツからの社会人留学生。

スペインは犬を飼ってる人が本当に多い。カフェにいたワンコと。

Medina sidoniaのお店。お客さんの服とお店の色合いがまた良いね。

この抜けるような青空が、「スペイン!」て感じです。

美しい少年。ヨーロピアンの子供たちは、幼少期は髪の毛、目の色が明るめで、だんだん成長とともにダークになる人が多いです。この子のパパは髪の毛がダークブラウンでした。そういう色の変化があるって面白い。

今日は以上です。皆さん素敵な一週間を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA