中米のすごい国

ようこそ、CAFE Bolita へ!

三度の飯の次に旅が好き^^ 都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)のブログです。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーー

前回のブログで「おススメ本」を紹介したときに少し触れた「おススメ映画」をご紹介します。

2016年の作品、「コスタリカの奇跡」というドキュメンタリー映画。
ご存知の方いらっしゃるでしょうか。

私がこの映画を知ったきっかけは、ある会社のメルマガでした。
それは、United Peopleという、世界中の社会問題を扱ったドキュメンタリーを配給している会社。社長の関根さんが素敵♡

「楽しい、感動、面白い」って内容ではないのですが、
「ほ~~!コスタリカってすごい歴史を歩んだ国なんだなぁ」
「こんな優れた指導者がいたなんて」
と感心を超えて感動すらする内容でした。

何が奇跡なのか?
というと、ズバリ軍を解体したこと。

どこの国も隣国とは仲が悪いものですが、コスタリカもお隣のニカラグアと一触即発状態が幾度となくありました。
アメリカに参戦を強いられることも。
(他国のことはほっとよけ、アメリカ政府!武器売りたいからなのか?とかなり疑問でした)

そんな中で、1948年に軍を解体し、70年以上たつ今も平和を維持し続けているすごさ。軍を解体&平和を維持し続けられた要因は2つ。

①優れたリーダー(歴代の大統領4人)の存在
②軍を持たないと選択し続けた「国民の強い意志」

軍を持たないことでコスタリカが得られた効果は、
2016年に「地球幸福度指数」が第1位になったこと!(日本は58位)
軍事費を医療費、教育費に充てることができたことが大きな要因といえます。

中米の中ではトップクラスに治安も安定しているコスタリカ。
一方で、コカイン輸送の中継地点らしく、治安が悪いエリアもあるとか。
どんな良さそうな国も完璧ってことはないですもんね。

コスタリカができたから日本もできる!
ってことをそのまま当てはめることはできませんが、
「隣国からの侵略の可能性が有ること」×「アメリカの影響を大きく受けていること」という共通点はあります。日本はなんと、ローンで(!)アメリカから5兆以上の武器を買っている一方、教育費のサポートや、社会福祉へ予算が回ってきません。>< それ、なんとかならんかね。

ジョン・レノンではないですが、皆さん、イマジン~!
世界が「せーの!」で戦争をやめて世界の軍事費をゼロにすると、それぞれの国は教育や医療や福祉にお金を費やせますね。貧困問題が一気に解決するのでは?と夢見ちゃいます。

個人で何ができるかほんと微力ですが、「政治に関心を持つこと」と「困っている人が目の前にいたら、可能な限り手を差し伸べること」はできるのではと思います。

皆さん、ご興味あれば、「コスタリカの奇跡」ご覧ください。DVDレンタルはないはずなので、どこかの市民上映会などで観ていただくか、DVDをネットで購入するか…かな。

ちなみに私はこの映画をみんなに観てもらいたい!と思い、会社で上映会(無料)を実施しました。鑑賞後の感想タイムがとても面白くて…まじめに楽しく社会問題を語れる場は、実はみんなほしかったんだよね!と盛り上がりをみて思いました。そんな機会を作ることも「平和への貢献」だと思ってます。

 

◆以下、ご興味ある方だけお読みください ----------
軍解体に尽力したコスタリカの四人の大統領。

・第30代のカルデロン大統領
近代化に向け改革をして、労働法と社会保障を整え、コスタリカを社会福祉国家に導きました。
この改革のお陰で社会が整い、軍を撤廃しやすい土壌を作りました。

・第32代のフィゲーレス大統領
若い頃に米国留学し、1942年までは政治と無縁でした。
1948年政府の腐敗を正すべく、カリブ軍団とカルデロン政権を打倒。
大統領就任歴は全部で3回。軍を撤廃し、社会福祉国家を推進しました。
コスタリカのスーパーヒーローです。映画を観て私もファンになりました。
こんな政治家が日本にもいてくれたらなぁって。

・第39代モンヘ大統領
1982年就任。米国(レーガン)から隣国との参戦の圧力をかけられた大統領。そのため世界の様々な国家元首と会い支援を要請。
その後、公式の場で「中立宣言」をし、米ソびっくり。
やる~!モンヘさん。

・第40代アリアス大統領
「アメリカ寄り・参戦派」の候補(フィゲーレス元大統領の息子)と一騎打ちし圧倒的勝利で1986年大統領に就任しました。
世界の国家元首と会い「和平計画」に合意させ、ニカラグアとの軍事干渉回避しノーベル平和賞を受賞!この人もすっごいなぁ。

------------------------

今日は長かったねー。失礼!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA