人脈って何だろう?

ようこそ、CAFE Bolita へ!

三度の飯の次に旅が好き^^

都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)のブログです。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーー

今日は人脈について考えてみました。

イベントや勉強会なんかで知り合った方と「今度飲みましょう!」となり、後日会うことがあります。

誘っていただくのはとっても光栄なことですよね。だから基本断りません😊

人はみんな違う経験をしているから誰と会っても学ぶことがあると思っています。

ただ、そんな飲み会の帰り、今日は寂しい気持ちになったなぁと思うことがあるのも事実。

どんな時か?

「私個人」への興味ではなくて、所属する会社や、周りの友達(私の人脈)に向いている時です。

「この人は私みたいな条件の人なら誰でも良かったんだなぁ」と。

それでも、利用価値のある人間だ、と思われるだけマシなのか?と思い直してみたり。

人脈というと SNSの活用でも言えること。例えばFacebookをビジネスとして活用している場合は別として、私は一対一のつながりをネット上でも求めるタイプ。だから、もう一度会いたいと思う人以外、自分からFacebookの友達申請はしません。(申請いただいたら断らないけど)

寂しい飲み会のあと、私を通じて何も得られなかった相手には気の毒だなぁと思うものの、「頭数/人脈」を増やしたいためだけに人に会いまくるって虚しくないかなぁだと思います。

本当の人脈って何?

と思った時、上司が言っていた言葉を思い出しました。

「助けてくれって言える人がどれだけいるかじゃなくて、お前が助けてあげたいと思う人がいるかどうか。それが人脈なんだぞ。」

相手に何かあった時、助けてあげたいって思える相手。家族、親戚、同僚、友達、趣味の仲間たち、旅で出会った人たち。

とても大切な人たち。彼らに何かあったら何をおいても飛んで行くと思う。自分がそう思えるってことは、相手もそうだと思う。だから、その上司の言葉はとても響きました。

人生長いようで、「自由に使える時間」はそんなに多くない。誰のために時間を使うか?はとても大切なテーマだと思います。

相手が自分を助けてくれる人かどうかで判断せず、自分が相手を助けたいか?を基準に、大切な人生の自由時間を使いたいと思います。それが価値ある人脈になると信じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA