【フィンランド視察】4日目(後編)スオメンリンナ島へ

ようこそ、

CAFE Bolita
へ!

三度の飯の次に旅が好き^^

都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)のブログです。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4日目の日記、前編はコチラ。

さて。深い深い森からヘルシンキに帰ってきました!5月1日。初日からお世話になっているところと同じホテルへチェックイン。

寒い 寒い 寒いFreeeeeeeezing!!!  

この日すっご〜く寒かった記憶があります。

ですが、心温まったのは、ホテルに着くとキラキラした超絶素敵な日本人女性が私たちを待っていてくれたこと。

只者ではないこの方は、フィンランドの在住のKさん。ご主人様がフィンランドの方でこちらに長く住んでいらっしゃいます。フィンランドのことならなんでもござれ。私たちのアテンドを2日間してくださいました。

Kさんは、知的、輝く笑顔、しなやか、品があってエレガント、華のある美人。スタイル抜群。そしてちょっと天然?(失礼)そんなところが大好きで、一気にファンです。Kさんにメロメロメロンパン。はい。そんな素敵なKさんに連れられて、世界遺産の島、スオメンリンナ島に行ってまいりました。ヘルシンキの船着場からフェリーで15分くらい。近い近い。

大人は片道5ユーロ。

移動の船内では、教育についてや、フィンランドでの子育て(息子さんがいらっしゃいます)について話してくださるKさん。何を聞いても面白くて興味深いことばかり。日本のこともフィンランドのこともわかる方のフィルターを通して聴くお話は、単に旅をしただけでは気づかない考察もあって、ほんとうにためになる。

例えば、子供達は教会主催のキャンプに行って、違う学校の子たちとふれあい人間関係の幅や多様性を学ぶとか、男子には兵役があって、軍隊に行かない人は奉仕活動をするんだとか。

はい、次の写真へ。 Kさんがくれた紙のテープを体や頭に巻く。5月1日はフィンランドのVappuというお祭りなんだって。英語圏ではMay dayですね。私たちも気持ちだけVappuに参加。皆さん水兵さんのような帽子をかぶって、大学時代の仲間と集まって飲む的な。国を挙げての一斉同窓会?!人と人を結びつける素敵なお祝い事です。日本もやろ!

 

紙テープを頭に巻いて、島に上陸。雨が降ったり止んだり。風が強いので体感温度低い。5度くらいに感じました。

こんな感じの景色。とにかく風が強くて雨も横殴りで、傘がおちょこになって直して、なって直しての繰り返し。その記憶が一番(笑)大事な事が記憶からすっ飛んでる!

島には人もちゃんと住んでいて学校もありました。あたぼうか。

 

貯蔵庫にしていた建物の内部。

 

スオメンリンナ島は6つの島から構成されてます。18世紀にロシア帝国からの攻撃に備え、スウェーデン軍と組んで要塞にしていたそうな。まさに最後の砦的な存在。

 

見学の後、島のクラフトビール屋さんに行き仲間と飲みました。ビールの味は覚えてないけど、みんなでたくさん笑ったことは忘れられない情景として脳裏に焼き付いています。みんな、楽しい思い出をありがとう!

 

夕飯は?

島からヘルシンキに戻り、地元で評判のピザ屋さんへGo!! ここも美味しかったなぁ。5人で3枚注文。お腹いっぱいです(^○^)

 

この後、飲み足りない私はホテルのバーで仲間と飲み直し、白夜のお散歩へ。フィンランドのVappuを楽しみ尽くした1日でした。

さて、翌日から教育現場の視察、スタートです‼




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA