【フィンランド視察】2日目 (4/29)エストニアへ

写真:エストニア、タリンの本屋さんからの眺め

ようこそ、
CAFE Bolita
へ!

三度の飯の次に旅が好き^^

都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)のブログです。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日からいよいよフィンランドを楽しむぞ!始動!だけどいくのはエストニアね。

時差を直すためのフリータイム。うん、とってもよい日程を組んでくださったと思う、ありがたいな。

午前10時台のフェリーで、ヘルシンキからタリンに行くことに決定。Kりん以外に、Hちゃん、Tっちーと私の4人。ちなみにエストニアについてはこちらwikiを。

こんなフェリーで2時間よ。

豪華客船!!

往復33ユーロでした。それで国境超えられるなんてお得よね。パスポートも見せずスイスイよ!さすがデジタル国家進んでる、エストニア。

フェリーのチケットはネットで購入(クレカ決済)して、スマホに表示されるバーコードを、フェリー乗り場のゲートにピッ。こんだけ!楽々。紙と人が介在しないから無駄がない。

これ、日本でも導入すべきよね!特に私の大好きな伊豆七島を走ってる、東海汽船さん!アナログ具合半端ないです。なんとかしましょーよ!(お客さん側のリテラシー問題ってのもあるが)

船内、お土産やさん、レストラン、総菜屋さん、小さなゲームセンター。なんでもあり。席もゆとりがあってのびのび。素敵なフェリー!飛行機よりずっと快適で2時間の旅があっという間でした。

タリン到着。大興奮!!!!

高台からのタリンの眺め。素敵〜。おとぎ話の世界

 

エストニアは、リトアニア、ラトビアと並ぶバルト三国のひとつ。首都はここタリン。旧市街はなんと800年前の中世の街並みが残っています。

だからこんな雰囲気満載なんですね。800年前というと、日本は鎌倉時代初期ですね〜ほっほ〜。この古都感は、外国の方が日本の鎌倉や京都に来た感動と似てるかもですねぇ。この街並み。石畳。素敵だった〜

絵描きのおじいさんもいたりとか。小雨が降っている中絵を描いていたので心配になったな。

”THE ヨーロッパ!” の風景。

 

こんな街並みが続いてます。パステルカラーが優しい。

 

イケメン発見、近寄るわたし(笑)

写真撮らせて!あなたイケメンすぎ!:Let me take a picture of you! You are too cooool!!! 」と声をかけると照れてました。控えめなイケメンは最高にかわいいわ〜〜❤

 

コーヒー豆と紅茶専門店。エストニアのものをチョイス。誰にあげようかな。お姉さんも可愛かった🎶

 

はにかみ美人。グリーンの目が美しかった。

 

Hちゃんとお茶したりね。たっぷりのカフェラテと濃いチーズケーキ。幸せ。ちなみにエストニアの通貨はユーロです。

 

1991年にソビエト連邦から独立。エストニア人の次に多い人口はロシア人。だからこんなディスプレイもあるんですね。文化のミクスチャー。

 

美術館にもいったり。展示品の間の空間が十分にあって素晴らしい。見やすい。人少ないし。上野の美術館や六本木の森美術館なんて異様なこみようだもんね。東京は異常なのか。

 

お土産物屋のお姉さんと話したり。日本のアニメが好きとのことで、ちょっと日本語できました!世界のどこにいっても日本のアニメの力を感じます。すごいです。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。

 

Hちゃんと写真撮りまくりで、ランチ飛ばしました!!ってことで、夕方お腹すいてきてお茶しましたー。ほっこり。地元で有名はチョコレート屋さん「Pierre Chocolaterie」へ。チョコ一欠片とアールグレイ。

 

素敵な古本屋さんにも行ったんだよ。エストニア語らしき本がたくさん。ちんぷんかんぷん。日本語の本も一部あった。すごい。

 

楽しい時間はあっという間。古都タリンに後ろ髪を引かれながら、19時半のフェリーでヘルシンキへ。帰りはフェリーでビュッフェをもりもり食べました。改めて「このフェリーに惚れたぜ」と心底思った2時間でした。

さて。明日はなにをするか?

1泊2日で「ヌークシオの国立公園」に行ってきます。フィンランドの魅力は自然が豊かなこと。森に会えるの楽しみだな🎶




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA