大切なあの人たちに

三度の飯の次に旅が好き^^

都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)です。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひさびさに字を書きました。手書きでね。

書店の文房具コーナーに寄った時、目に留まった桜のオブジェになるカード。わぁ素敵!送ってあげたいなぁって思う人の顔が何人か浮かんできました。1枚500円。うーん、思ったよりちょっと高い。と思いつつ3枚お買い上げ。

桜の風を海を越えて届けたい人たち三人。

オーストラリアのGina、イギリスのAnna、アメリカのDeannaに。

Ginaは17年前、ニュージーランドのオークランドで出会いました。ドミトリーの部屋が一緒だった人。一緒に島に行ったりご飯食べたり、遊んでもらった。あの頃私はほとんど英語が話せなかったから、きっとめんどくさかったと思う。そんなそぶりを一切見せず、辛抱強く話を聞いてくれて、、、感動したことを覚えています。人と接するって、理解しあうって、言葉そのものも大事だけど、「理解したい気持ち」が大事だって。それがあればなんとかなる時も、ある。(ならない時ももちろんあるw) それからクリスマスカードを交換したりメールしたり。Facebookができる前の時代なのに、不思議とご縁が続いてる人。

Annaはネットで見つけた英語の先生。12年くらい前に東京で知り合った。格安で英語を教えてくれて、先生と生徒の枠を超えて友達になりました。一緒に温泉に行ったり、飲んだり、たくさんのことを彼女から学びました。知り合って2年くらいでイギリスに帰ってしまったAnna。心にぽっかり穴が空いたようで、当分の間すごく寂しかったことを覚えています。一度イギリスにも訪ねていきました。彼女も2度ほど日本に遊びに来てくれて、いいご縁か続いています。

最後はテキサスにいるDeanna。彼女は友達じゃありません、遠縁の親戚。そう、DNA検査で見つけた「いとこ」です!繋がった時は、お互い大興奮でした。Facebookで友達になり、彼女の姉妹や姪っ子2人からも友達申請が来て(笑)なんか変な感じです。未知の親戚が地球上にいたなんて。しかも日本以外に。再来年、会いに行こうと思います。家族、親戚一同で囲まれそうです(笑)楽しみです。

そんな大切なご縁のある女性たち。私の桜のカードを受け取ってね ☺ 日本の春をカードに乗せて、幸せを届けます。

今日はやろう、やろうと先送りする前に、3通ちゃっちゃと書きました!たまには自分で自分を褒めてあげなきゃね。

私、よくやった!明日投函して完了!

なんでもない時にもらうお手紙やカードって、凄く嬉しいと思いませんか?(年賀状書かない私がいうと説得力ないか?)

文具屋さんでステキなカードを見つけたら、大切な人に送ってみては?何よりのプレゼントななると思います。心のサプリメントをね🎁




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA