フォトジェニックな場所 〜有楽町・丸の内〜

三度の飯の次に旅が好き^^

都内在住の会社員Bolita(ぼりーた)です。 → 自己紹介はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

晴れた土曜日。洗濯日和でしたね。シーツ洗いましたー😄

今日はカメラマンに一眼レフを習う日です。先生はこちら!

義妹の写心家、TAEKITIです。可愛いでしょ(╹◡╹)

F値、ISO、シャッタースピード、わからないことだらけです。カメラを買ってオート設定で撮ってたのですが、今日は妹の指導で場面や撮りたいイメージに沿ってどんな設定をしたら適当なのかを習いました。

まずは私のカメラのどこのボタンを押せば数字を変えられるのか?取扱説明書と格闘です(笑)そこから〜?ですよね。そう、そこからのレベル。ボタン多すぎるわ!

基本的に機械音痴なので、なかなか覚えられません。たどり着きたいボタンまでの階層が深い(;_;) 覚えられるかなぁと弱気になりつつも、やる、義妹が(笑)

取説お手上げ状態の私に代わって、解読してくれてます。すまぬ。彼女はニコン。私のはFUJIFILMだからいろいろボタンの呼び名や仕様が違うのよね。

世の中の読み物の中で、「取扱説明書」が一番嫌いねー。買った瞬間、取説捨てたくなるねー。だってつまんないんだもんなー

レクチャーの後は実際に撮って見ましょうってことで、義妹オススメの撮影場所に二ヶ所連れていってもらいました。

一つ目は有楽町の国際フォーラム。二つ目は丸の内のブリックスクエア。

フォーラムは、会社のランチタイムにテイクアウトのランチを買いに来たり、昔コンサートに来たり。建物自体をマジマジ見たことなかった。こんなに素敵なのね。気づかなかったな。

写真撮るぞって視点で見ると、壁や床や建物や建築家がこだわったディテールがやっと近づいて来る感じ。

幾何学的で人工的だけど、光がたっぷり降り注ぐあたたかい空間。国際フォーラム。

↓ TAEKITI撮影のわたし。今日のいでたちはほぼ山のかっこうよ(笑)

国際フォーラムの地下一階、影が素敵に見えて吸い寄せられました。

7階から。光のガラスの共演。

さて、次は丸の内のブリックスクエア。

10年くらい前にここら辺のジムに通ってました。一年で10キロちょっと落として、やめた途端に一年も経たないうちに15キロくらい太るという恐怖のリバウンド体験をしました。そんな鬼門のブリックスクエアへ!

この辺桜が咲くんだっけか?モノトーンで撮ると、今なのか10年前なのかわからないね。

ヨーロッパの街並みのよう

義妹からカフェラテとドーナッツの差し入れ

ここで16時くらい。肌寒くなってきたからKITTEに移動。

ここも素敵。規則性のあるものをみると撮りたくなるなー。

私、こんな風に撮ってるんだぁー。必死だな。

ファー!楽しかったねーの一幕。18時解散。

自分の目で見た風景の記憶と写真を比べると、なんか違う。2割くらい違う。不思議と写真の方がリアルに感じる。そういえばこんなだったか、と。それが新しい記憶として塗り替えられる。思い出として。

ドローンの空撮もしたいけど、先に地上から撮ろっかなー(笑)ブログの文章はなかなか洗練されませんが、写真はレベルアップしましたよね⁈ ^_^

今日もお読みいただきありがとうございました。明日も楽しい週末を過ごしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA