ルームメイトという存在

こんばんは。

火曜のこと。仕事から帰ると、ルームメイトもさっき帰ってきたようでした。

二人で一緒にご飯食べてワイン飲んで、他愛もないお喋りをして。。。。Mちゃんと一緒に住んで、ちょうど一年たつんだなぁとふと思いました。

だんだん「あ・うん」の呼吸で家事もできるようになって、お互いの嫌なことも嬉しいこともわかって、「楽〜〜」になってきました。いいね。

毎日Mちゃんとお喋りすると、仕事が終わったんだなと、気分転換になり、とってもありがたい存在です。一人暮らしも好きだけど、こうやって誰かとお喋りできるって本当にありがたいことだなと最近思います。「気楽にお喋りできる人がいる」ってことは、何にもかえがたい人生の贈り物のひとつなのかもしれない。

そんなことを思いながらワインを飲んで部屋を見渡して、なんか変化ほしいなぁ〜と。「ねー、Mちゃん、ダイニングの家具を模様替えしない?!」

「え〜〜なんですか、それ、面白そう。いいですね。え?今から?」「そうそう、今!なう!」といったころには23時前。でも勢いは止まらない。二人で家具を移動し、あっという間の10分ほどで模様替え完成!いえい。

ダイニングの大きなテーブルと4脚の椅子は、隣の空き部屋に移動して勉強部屋に。ダイニングには、私の部屋のちゃぶ台、ホットカーペット、ラグを起きました。すっごく新鮮。ダイニングが広くなった気がします。代わりに私の部屋はがらーんとしてますが、それはそれで広くなったし悪くない。

模様替えが済んだ頃、ホットカーペットが気に入ったルームメイトはちょっと失礼と横になり、寝始めました(笑)

「おいおい、風邪引くよ、起きなさいよ」「は〜い。ちょっとだけ・・・(瞼閉じる)」

幸せそうだなぁ。いいなぁこの光景。

Mちゃん、思いたって急に決めた模様替えに付き合ってくれてありがとう。いつもお風呂を沸かしてくれてありがとう。笑顔でお話してくれてありがとう。

不思議だね。友達でもない、家族でもない、ルームメイトって存在。いいね、こういった暮らしの形態。この子と暮らした1年とこらからのもう1年。きっと振り返って懐かしくって温かい思い出になるに違いない。Mちゃんにとってもそんな風に思い出してもらえる日々にしたい。何事も有限だから毎日大事に暮らそうと思いました。

皆さんはどんな一日でしたか?本日もお疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA