😃同志たちの集いに参加

三連休最終日。

アリゾナから一時帰国している友人宅に再訪。お茶してお喋りして楽しく過ごした後、夕方から古巣の高円寺でとあるイベントに参加してきました。

「Tabippo」という、旅する人たちを応援してくれる旅好きには神のような存在の会社があります。そこ主催の世界一周したい女性限定のトークイベントに参加してきました。

こういうイベントは岡山にはないから、それが東京にいるメリットでもあります。そう。想いを同じくする人たちの集まりは貴重。

会場は高円寺のカフェバー。ご夫婦で世界一周した方が経営していらっしゃいます。素敵ですね。帰国後お店を立ち上げる費用までためて旅に出たのかな?凄すぎる。

イベントは、世界をまわった二人の女性と、ファシリテーターの方三人が進めていきます。参加者は30名弱。お二方とも9ヶ月かけて一周してきたそうです。

オススメの場所、かかった費用、ルート、防犯上気をつけること、持ち物、機材、世界一周航空券は買わないほうがお得だとか、保険のことなど、知りたいことがたくさん聞けました。

質問タイムもたっぷりあって、参加者の意図を汲んだ素晴らしいプログラムだったとおもいます。さすがTabippoさん。

登壇された女性二人も自然体でなんでも教えてくださって、参加者からもどんどん質問が出てきて有意義な時間を過ごすことができました。こういった会を企画してくださって感謝です。

唯一、ん???と思ったこと。

数名で話す意見交換の時間の時、大学生だという女の子が、「英語話せなくても大丈夫ですかね?なんとかなりますよね?」と質問してくれました。

毎回思うのですが、この質問をきくと、そんなに心配なら行くのやめるか、今すぐ英語勉強しやがれ!と思います。厳しいですか?(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

「うん。話せなくてもなんとかなるし、大丈夫。同じ人間だからボディランゲージでいける。だけど、世界に出るのに日本語話せる人としか交流しないの?勿体ないと思うなぁ。勉強しなくてもなんとかなるよって人の言葉を拾い集めても、実際行ったら何の足しにもならないアドバイスだよ。心配する暇があったらさっさと勉強始めるに限る!」

と伝えました。きっと前者だけの言葉を待っていたのだろうけど、彼女のために後半が大事だよと伝えたかった。

言葉が通じないと、時に命の危険すらある。言葉がわかったって、その土地の文化や風習がわからない情報弱者は危険を察知しづらい。

一人で長期海外に出るならなめちゃ行けない。平和ボケじゃいられない。せめて旅行レベルの英語は身につけておかないと危ない。

危険とまでいかなくとも、ボッタクられたり理不尽な扱いを受けることはある。言葉がわからないから軽んじられるって場面は絶対にある。相手がふっかけてきたことに対して言い返せないといいように扱われる。「日本人は騙しやすい」というレッテルを貼られ、益々日本人がターゲットになりやすくなる。あなたがバカを見ただけでは済まないんですよ?と思う。

残念ながらいい人もたくさんさいるけど、そうじゃない人も手ぐすね引いて待ち構えてる。みんなで安全に夢を叶えたいと私は思う。

言葉は楽しむ以前に、身を守るツールの一つ。丸腰で行くのはやめよう!だから私も勉強します、スペイン語。自戒の念を込めて本日の日記を締めくくります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA