今再びの断捨離熱

年末の大掃除。実はまだできてまへん💩

何をしたいかというと、モノを減らしたい〜!断捨離です。

去年シェアハウスに越してきた時は、個人の特定ができなくなるほど(?)モノを減らしました。家財道具の7割ほどを処分。電子レンジ、冷蔵庫、ソファー、洗濯機、食器、鍋もたくさん。あとは本、服、下着、お土産ものや人からもらった手紙類、モノはないのに紙だけ残ってるマニュアル、何らかの電化製品のコンセント(笑)

うーん。人にあげても仕方ないものばかりでほぼ捨てました。買い取ってもらったものはなく、むしろお金出して引き取ってもらいました。モノを買うときは、捨てることまで念頭に置いて、と学びました。

断捨離直後は、体の半分もってかれたような気がしましたが、数日後には何を捨てたのかあまり覚えてないほど。

所詮モノはモノなんです。

そこから一年半すぎると、本が増えました。あとは着ない服が惰性でハンガーにぶら下がってます。人からいただいたものは捨てづらい。けど、今の自分に合わないのなら、それは手放す時なんだと思います。感謝をしてさようなら。

断捨離がくれる心のゆとり。物理的なスペースと、心のゆとりは絶対繋がってる!と思います。

「モノの少なさは知性のあらわれ」

誰かが言ってました。ほんと、その通りだと思います。

本当のところ、モノがどれだけ必要なのか?を実験した興味深い映画があります。「365日のシンプルライフ」。フィンランドの映画です。ドキュメンタリーだからなおのこと面白い。冬休みにどうぞ。

Let’s 断捨離!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA