台湾客家料理クラス

12/23(土)夜、台湾料理教室2回目に参加しやした〜!

台湾客家料理のクラス。先生は友人に紹介してもらったS本先生。都内某マンションの一室で開催されております。Facebookからの申し込み。(もしご興味ある方、私にご連絡ください)会員制ではないけど、かなりクローズドなクラス。

◾︎今回のメニュー

花生豆腐(ピーナッツ豆腐)、梅干菜焼肉(菜っ葉と豚肉の蒸し物でご飯にかけて食べる)、湯円(白玉粉の牡蠣と手羽スープ)、腐乳炒め野菜、パイナップルケーキ。あとは、鳥の蒸し物、ピータン豆腐。

すんげえ品数だ!!2時間ちょっとの凝縮された時間。

先生がほとんど下ごしらえして生徒の私たちを迎えてくださるので、当日は切る、まぜる、炒める、茹でる程度。気づいたら出来てるという手品のような状態です。

台湾料理は調味料の種類と使いかたを覚えると、数種類はすぐできそうかも、と思いました。”蒸す”って手法が多い。日本は”煮る”が多い気がします。

梅干菜焼肉の豚肉を切る

めっちゃキレる包丁。シャキーン!

パイナップルケーキって家で作れるんですよ!!出来立て熱々のパイナップルケーキ。香ばしくて癖になる!

梅干菜焼肉をご飯に乗せた状態。お酒の締めに最高。

アップだとこう。↓ ゴーヤのつけものとうずらの酢の物がアクセント。

蒸し鶏

ピータン豆腐

湯円。白玉団子を茹でている状態。デザートではなくて、牡蠣と手羽のスープに入れて食べました。めっちゃうまい。優しい味です。

ピーナッツ豆腐に二種類のソース入り。

以下の瓶詰め、左は腐乳。沖縄の腐乳に似てる。これ少しと野菜を炒めるとすごくコクのある味になります。

右は樹子。梅干菜焼肉の中に入れた材料です。ちっさな種があります。

台湾料理は高級レストランよりも、家庭料理になるほどうまい。日本人の口にも合うと思うので、もっとバリエーション増やして生活を豊かにしたい。友人にも振る舞いたいです⭐︎台湾料理万歳!

追伸:レシピを載せられずごめんなさい。先生に許諾頂いてないので。もしご興味あれば一緒に行きましょう。コメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA