クリスマスカード

仕事から帰ってきたら1通の封筒が届いていました。

ロンドンからのクリスマスカード!🎄10数年前、ネットで探しあてた素敵な英語の先生、大好きなAnna。

月に2回ほど、友人二人で英語を習っていました。勉強場所はおきまりの渋谷のカフェ。Annaは時間に正確で、コーヒーを飲みながらいつも先に待っていてくれたことを思い出します。

友人が来れないときのレッスンはマンツーマン。懐かしい。NHKのテキストや日記の添削や、今から思えばとりとめない事ばかり質問してた気がします。下ネタとか(笑)そんな質問に、一つ一つ真摯にユーモアを交えながら説明してくれました。

その効果は今出てるかな?何年やってこのレベル?って思うから、それは私の努力不足だけど、見える世界を広げてくれた恩人には違いない。ありがとう。

三年ほど日本に住んで彼女は祖国のイギリスに帰って行きました。楽しいレッスンが永遠に続くとは思っていなかったものの、お別れは寂しかったです。当たり前にいてくれた存在が、ある日突然いなくなるって、寂しくて悲しくて、やるせない気持ちでした。

彼女が帰国して数年後、イギリスのノッティンガムまで訪ねて行ったことがありました。かなり寒くて、シャワーを浴びてわぁーとベッドに潜り込んだら、足元に温かい湯たんぽがあった!なんて気が利いてるんだ!お母さんみたいだなって思った次の瞬間、もう眠りについてました。彼女に守られて何不自由ない数日間をすごすことができました。

その後三度ほど来日してご飯を食べたり飲みに行ったり。こうやってつかず離れず、おばあちゃんになってもずっと繋がっていたい人。

毎年クリスマスカードをありがとう。私が出そうが出さまいが、気にかけてくれてありがとう。

大好きな先生、そして友達。イギリスは一度しか行ったことがないけど、Annaがいる国だと思うとすごく身近に感じる。イギリスのニュースが人ごとじゃなくなる。2019年、会いにいくから待っててね、Anna!

2 件のコメント

    • わーー(〃ω〃) ちえぽん、ありがとうございます。しかも全部!❤︎ これからも続けます。ちえぽんもブログ始めたら教えてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA