地獄からの生還

写真:人間ドックからの帰り道の風景。記事の内容とは関係ありません

ただいま戻りました、人間ドックから!今の気持ちを一言でいうと「地獄からの生還」

今まで胃の検査はバリウム派だったのですが「バリウムは意味ないんですよね〜。医者としてもオススメしません。あんまり見えないんですよ〜」と年始に病院で言われました。今回予約した病院が口からオンリーで。。。昨日は怖くて怖くてなかなか寝つけず。

🔹口からいれる胃カメラの手順

⒈胃の泡だちを消すための透明の液体を飲む。これは20ccくらい。味もまぁacceptable。

⒉喉の感覚を麻痺させるための「透明なゼリー」を喉に3分間ためる。→ ここはまだイケる

⒊ 3分後ゼリーを飲みこむ。これがやばい!!!とにかく気持ち悪い、味は苦い。

看護師さんは笑顔でとても感じの良い方。なかなかゼリーを飲み込めない私に「大丈夫ですよ〜ゆっくりでいいですよ〜」気遣い満点。「どうしよう。。。無理だ。。めっちゃ気持ち悪い。。。飲めない」そんな気持ちを察してか「ぐっと一気に飲んでみましょうか?」と。幼稚園の頃、給食で出たぬるい牛乳が飲めず追い詰められた気持ちになったなぁ、今と同じだな。

次の瞬間、私の中のマーライオンがヴォゲ〜〜〜!!!とゼリーを吐きだしました(笑)看護師さんの俊敏なゴミ箱キャッチで粗相をせずすみましたが。。。ダメだなぁ私。「いいんですよ。大丈夫です。それでいいんです。気持ち悪いですよね。」と看護師さん見事な共感。どれだけ救われたか。しかし本番はこれからです。うなだれたまま診察室のベッドへ移動。

⒋左側を下にして横向きに寝る。消毒液のようなものをシュッシュと口に吹きかけられ、「小さな筒状のプラスチックのもの」をくわえさせられる。いよいよテロリストに拷問されるのだ。

⒌黒くて細長くて先端が不気味(主観ですw)に光るものをそろそろと筒状のモノを通し入れられる。しかも、胃カメラINする直前、カーテンの隣からボゲイェ〜〜〜!!!ゴッボブゴ〜〜!!男性捕虜が水攻めにあっている声が!!

テロリストはすかさず私にも黒いコードを入れてきて。。。 オヴェ〜〜〜〜〜!!!ゴボウウェ〜〜〜〜!!我ながら聞いたことがない声が頭蓋骨にこだまします。あぁ。。。ダメかも。。。私ダメかも。。ギブ、ギブです言います言います!徳川埋蔵金は*`;@+。>にあります〜〜!

「唾をのみこまないで」「力を抜いてください」「モニターを見て」「鼻から息して」

テロリストたちは機密情報を聞き出そうと、あらゆる言葉で攻めてきました。数十秒ごとに5回ほど襲われた嘔吐感に意識が遠のきそうでしたが、喉のおくの異物感に現実に引き戻されて気絶もできない状態。

そんなこんなで終わった経口胃カメラ初体験。満身創痍です。しばらく病院のロッカーの椅子にへたりこみ着替えができませんでした。

今日お伝えしたいことは一言。みなさん、口からカメラ入れるのはやめよう!!!鼻から入れよ!

以上です。

 

 

4 件のコメント

  • 無理無理無理ーーーーーー!!!!
    無理っす!絶対無理っすーーーー!!!!
    私にはできない!怖い!

    頑張ったね!お疲れ様でした!!!!

    • おー愛理〜!ブログ開設以来の初コメントありがとう(((o(*゚▽゚*)o))) 嬉しいよ。

      そう。当日安定剤はなし。辛かった。安定剤あったらもう少し楽なのかな?

      おじいちゃん先生で言葉がけは優しかったんだけどね。診察始まる前の更衣室で、検査終わった女性に話しかけたのね。胃カメラ怖いんですけどー!どうでした?って。「あんなにオエオエなったの初めてでした。辛かった。これから受ける方に言いづらいんですけど(笑)」って、、、ガーーンと思いながら検査に臨んだね。

      胃カメラは鼻からに限る!と思ったよ。もっともっと辛い治療や検査は世の中にあるんだろうけどさ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA